WEDDING PARTY REPORT パーティレポート ヴィラ・アンジェリカで生まれたウエディングストーリーの数々を豊富な写真と共にご紹介します

TATSUYA&AYA
~ありがとう~2015年2月 挙式

共通の友人を介して出会われたおふたり。
新郎様の優しすぎるくらい優しいところに惹かれた新婦様が、猛烈アタックをスタート。
そして新郎様も新婦様の優しくて、そしてマイペースなところを好きになり、おふたりの物語が始まったそうです。

いつもお世話になっております。二人を支えてくださった方々への感謝の気持ちをお持ちのおふたり。
そんなおふたりの想いをカタチにしたいwedding計画がスタートしました。

【キーワード】>バレンタイン
【テーマカラー】>白×ブラウン
【デコレーション・コーディネート】>ワクワク楽しい雰囲気。
【オリジナルシーン】>スパークバルーンを使ったゲーム。

【ヴィラアンジェリカのプロデュース】テーマを決めていく打ち合わせ。おふたりとお話していると、おふたりは支えてくださった周りの方々への感謝の気持ちを強くお持ちのようでした。中でもご両親様への感謝の気持ち。そして、今となりにいるお互いの存在にも感謝されているおふたりです。そんなおふたりのご様子からテーマは「ありがとう」に決定しました。

ウェルカムスペースや受付では、様々なアイテムを飾ってゲストをお出迎え。その中でも目を引いたのが、おふたりの似顔絵ウェルカムボードの前に置かれた黄色いインコのお人形。新婦様が飼っていらっしゃるインコをイメージして手作りされたもので、おふたりに代わってゲストをお迎えしているようでした。

おふたりが選ばれた結婚式のスタイルは人前式。ベールダウン後、深々とお母様に頭を下げられた新婦様。お母様への深い感謝の気持ちが伝わります。

お互いへの思いやりの気持ちもとっても強いおふたりは、誓約書も手作りの文章でお互いへの約束を宣言。 新郎様は新婦様を生涯大切にすること、新婦様は新郎様の健康面にも気遣う素敵な内容でした。 また「見守ってほしい」という気持ちで、立会人にはご両家のお父様をご指名されました。

バレンタインにちなんでロビーでのセレモニーではゲストの皆さま全員がご参加いただけるチョコレート巻きを開催。 可愛い雪だるまの形をたくさんのチョコレート。実はこの中にあたりが含まれていて、当たった方には大きな1万円札の 形をしたチョコレートがプレゼントされました。

会場の各テーブルにはスパークバルーンがセッティングされ、ワクワクモード全開です。

開宴後から常に笑顔が絶えないおふたり。ケーキ入刀後のラストバイトでは 大好きなお母様からケーキを食べさてもらって、この日1番の笑顔に。やっぱり子供はいつまでたっても子供。 お母さんはいつまでもお母さんです。

新婦様は小学校の先生。サプライズで担任されているクラスの生徒さんたちからのDVDが届きました。とっても嬉しそうにそして少し照れながらご覧になっておられました。

お色直しの退場では仲の良い家族の姿が。新婦様は4人兄弟(姉妹)。エスコートにはその大好きなご兄弟(姉妹)を指名。「共に遊び、励まし合ってきたみんなで、私たちらしく楽しく退場したい!」という思いで4人で会場を進まれました。新郎様も、お姉様とそのご主人と3人で。ご両家ご両親も満足そうな表情でご覧になられていました。

全員が参加できるように…とスパークバルーンの演出をセレクト。その後、同じカラーのバルーンをお持ちの皆様にはおふたりからのプレゼントが。 お子様からご年配の方まで楽しく参加できる楽しい時間となりました。

ご余興の時間にはおふたりも参加しての楽しい内容に。こんな素敵な時間を作ってくださったご友人達に、また新たに「ありがとう」の気持ちが生まれたのではないでしょうか。

ご両親への感謝のプレゼントは「旅行券」。これまで自分たちの時間も持たずに育てて下さったご両親へ「これからは夫婦の時間を大切にしてね」という気持ちを込めてのプレゼントです。

色々な形で「ありがとう」を表現されたおふたり。そして新しい「ありがとう」の気持ちもたくさん持たれました。誓約書に書かれたお言葉通り、いつまでも心を一つにお互いを思いやれる優しいおふたりでいてくださいね。