WEDDING PARTY REPORT パーティレポート ヴィラ・アンジェリカで生まれたウエディングストーリーの数々を豊富な写真と共にご紹介します

TOMOYA&KUMI
~Birth Wedding~2015年1月 挙式

ものしずかで穏やかな新郎様。
おっとりされているようで、しっかり者の新婦様。
そんなおふたりの間に授かった小さな「命」。
誕生を心待ちにされているご両親。
そして、おふたりをとても大切に育てられてきたご両親。

おふたりが目指す理想のご夫婦は、それぞれのご両親。

新郎様が幼い頃はじめられた野球。
試合の時には、決まってご両親の姿がありました。
嬉しい反面、衝突することも。

でも、おふたりでの新生活が始まって離れてみて初めて気が付いた、ご両親の「無償の愛情」。
どんな決断も優しく大きな気持ちで見守り包んでくれた、大きな大きな深い愛情。

そしていつもそばにいてくれたご友人たち。

そんなすべての人に「アリガトウ」の気持ちを伝えたい・・・そんな思いが詰まったWeddingです。


【キーワード】>ご両親への感謝、ゲストみんなでワイワイ、サプライズ、ご家族の誕生、自分たちが親になる
【テーマカラー】>ピンク×イエロー×ラベンダー×ブルー⇒パステルカラーをたくさん使って、カラフルに。
【オリジナルシーン】>
①ダーズンローズ
②ゲストからおふたりへサプライズのフラッシュモブ
③キューピットになってくれた友人や、当日バースデーの友人へのサプライズ

【ヴィラ・アンジェリカのプロデュース】結婚式の列席経験がなく、右も左も分からずに、式場見学に来てくださったおふたり。結婚式の打ち合わせを進めていく最初の段階で、おふたりにいろいろと伺いました。するとおふたりが結婚式の中で一番伝えたいこと・・・それは「ご両親への感謝」。そしておふたりがこれからも「家族」として一緒に進んでいくことをゲストの前で「誓う」こと。それから、これまでおふたりを支えてくれた仲間たちへの「アリガトウ」と「これからもヨロシク」という気持ちを「伝える」ことが見えてきました。そんな想いから、すべての方の心に残る「アッタカイWedding」を作って行こうということになりました。

ウェルカムスペースは、ご友人の手作りのウェルカムボードや大好きなダッフィーとシェリーメイを飾ってゲストをお出迎え。ダッフィーが来ているユニフォームは新郎様の野球チームの物をモチーフに。ダッフィーとシェリーメイの間にいるちびダッフィー。この3ショットがまるで将来のご家族を連想させます。

結婚式は大好きなお母様のベールダウンからスタート。そして優しいお父様のエスコートで新郎様のもとへと進みます。

祭壇に到着ると始まったのは、ゲストへはサプライズの「ダーズンローズ」。おふたりのキューピッド、支えてくれたご両親、いろいろなことを教えてくださった職場の上司・・・12名のゲストからバラの花を受け取る・・・。その際には、おふたりが一生懸命考えられた感謝のメッセージを添えて。一輪一輪のバラの花が、一つの花束となり、新郎様から新婦様へ贈られました。

おふたりの結婚式は「人前式」。誓いの言葉は、最初におふたりが話してくださったように、「家族になること」への誓い。「両親のような、温かくて明るい家族を築いていきます」。

ガーデンでは、外の寒さを感じさせない、皆様の温かい笑顔があふれました。

ゲストテーブルの上には白い野球ボールが。ゲストからの温かいコメントでうめつくされていきます。そして、ケーキ入刀は、新しく家族になった6人で。おふたりのキューピッド役となってくださったご友人には、サプライズのサンクスバイトを。お色直しの退場では、近々バースデーを迎えられる方をエスコート役に大抜擢。もちろんプレゼントも添えて(*^_^*)

おふたりの周りには、いつもゲストが集まり、笑顔でいっぱい。

お色直し入場では、各テーブルを回って一緒に写真撮影を。男性陣には野球のユニフォームを、女性陣にはディズニーグッズを身に着けていただいて、ハイ・チーズ★

ご余興では、新郎側・新婦側という域を超えて、おふたりへのサプライズで「フラッシュモブ」が行われました。メンバー全員では、当日に1回しか通せなかった状況で、それをまったく感じさせてない息の合ったフラッシュモブをご披露。このサプライズにはおふたりも感無量です。

ご両家のご両親から「くうちゃん」と呼ばれて可愛いがられている新婦様は、今日までの感謝の気持ちをお手紙にして読まれました。ご両親をはじめ、ゲストの皆さまが、あふれる涙を堪えきれない…と言う感じでした。

おふたりの想いの通り、「感謝」と「サプライズ」がたくさん盛り込まれた結婚式は大成功。この大切な1日を、いつまでも忘れずに、素敵な「家族」になってくださいね。お幸せに☆彡