WEDDING PARTY REPORT パーティレポート ヴィラ・アンジェリカで生まれたウエディングストーリーの数々を豊富な写真と共にご紹介します

TOMOHIKO&RINA
~The Theater Wedding~2014年11月 挙式

おふたりの出会った場所はとあるカフェ。
プロポーズされたのもそのカフェ。
おふたりの思い出のスポットでもあるそのカフェは、店内に入った瞬間に
なぜか心癒されるシックで落ち着いた雰囲気で、新婦様の大好きな場所。
結婚式のコーディネートやモチーフをそのカフェ風に。

おふたりの大切な人たちに、「アリガトウ」の気持ちを伝える為に考えられた「シアターウェディング」。
聴覚に障害をお持ちのご両親にも、ご負担なくストレートに「アリガトウ」を伝えたい。

おふたりの想いがたくさん詰まった素敵なウェディングです。

【コンセプト】>おふたりの「大切な方全員」にアリガトウを「伝えられるカタチ」にこだわるWedding
【キーワード】>カフェ空間、シアター
【テーマカラー】>モスグリーン、ブラウン、ペールピンク、ゴールド、オフホワイト
【デコレーション/コーディネート】>どんな方にも伝わるように、思い出の写真を館内の壁に貼ったり、映像と文字で伝える。ウェルカムスペースはおふたりの出会ったカフェをイメージ。
【オリジナルシーン】>
①新郎様からのトスはパラシュート
②友人が多数参加の「サンクスバイトリレー」
③手作りのDVDはあえて文字をたくさん。
④新婦へのサプライズ「ブーケストーリー」は3人の●●が登場。
⑤お見送りはガーデンに出来た「キャンドルロード」で。


【ヴィラ・アンジェリカのプロデュース】聴覚に障害をお持ちのご両親に、感謝の気持ちを写真や映像を使って伝えたい。そんなおふたりの気持ちはオープニングDVDでのテーマ説明からスタート。ゲストにも映画を見るような雰囲気で楽しんでいただける1日に…と言うメッセージが込められていました。 「シアターウェディング」と共に、お2人がこだわられたのはコーディネート。お2人が出会われた場所であるカフェは、店内に入ると心癒される大好きな空間。ゲストの方にもくつろいで頂きたい…そんな気持ちから、コーディネートはカフェ風に。本番までにフローリストがその空間を再現。とても喜んでくださいました。

くつろげるカフェのように・・・とロビーのコーディネートにもこだわりました。

たくさんの写真とありがとうの文字が館内にはあふれていました。

お母様のベールダウン、お父様のエスコート。小さなゲストのお手伝い。 色々な方に参加してもらった結婚式。

結婚式の緊張から解き放たれたおふたりは最高の笑顔です。

ファーストバイトのリレー「サンクスバイトリレー」ではたくさんの友人が参加。

お色直しの退場はそれぞれに大切な人と。 新婦様は大好きな妹様。幼い頃によく見た映画に登場するクマのぬいぐるみとお手紙を。 新郎様は、運動会のテーマ曲に合わせて、同僚の方と楽しく退場。

お2人手作りDVDには、お2人からご両親への感謝の気持ちがあふれるほど込められていました。

新郎様から新婦様へのサプライズはちょっとお茶目。 ブーケストーリーをしたものの、ブーケを持った新郎様が3人。 新婦様は新郎様を当てられた???

会場のコーディネートや映像でたくさんの「アリガトウ」を伝えられたお2人。 最後はストレートにお手紙で伝えられました。

ガーデンでに出来たキャンドルロードでゲストをお見送り。

新婦様へのお手紙の中で「守りたい」という気持ちを伝えられた新郎様。 守るものがたくさんできましたね。おふたりともいつまでもお幸せに。